FC2ブログ
北海道釧路市を拠点に活動する、カヌー・カヤックのパドリングクラブです。北海道カナディアンスラローム選手権大会(通称カナスラ)や釧路川100kmカヌーマラソンを主管しています。

2011年10月15日

■頂点を狙え―石狩川オープンカナディアンカヌーレース
9日に旭川で石狩川オープンカナディアンカヌーレースがありました。

今回は25回記念大会
おめでとうございます。
いつもお世話になってます。

今年も天気は上々!
水位も上々?でスピードレースの様相

PA090548.jpg

橋口さんも久々の登場です。
参加艇数は若干少なめで、ラピッヅチームは優勝を狙って意気が上がります。

PA090544.jpg
この大会、はっきりと予選があるのが他のレースにない特徴です。
半分に絞られるので、何が起きるかわからない短いコースで、ABどちらを選択するかが結構重要ですね!
メンツとコースを見て、かなり真剣に考えます。

いざ本番。
A予選では野村・小田桐ペアが余裕のトップ通過
B予選は混戦でしたが、林・前原、福島さんち、内谷・橋口ペアの順でゴール

決勝も接戦が予想されます。
スタートで飛び出したのが野村・小田桐ペア
ただ、フォワード+艇の性能に大きな差がないのか、コース取り次第ですっと前にでることも
逆にひとつのミスで順位を落としかねません
基本は先行艇をマークですがそのままでは抜けないので、どこで違うラインを選ぶが勝負の分かれ目です。


中盤以降は、流れに変化があまりないので、単純に体力勝負・・・というか根競べ
序盤でうまく逆転できたのですが、常に後ろから掛け声が聞こえてくるプレッシャーは半端じゃありません。
ふと後ろを見ると団子になって追っかけてきているではないか
追いつかれると絶対負ける・・・必死で逃げました。

しかし、フォワード勝負になっても一歩も引けをとらないなんて、恐るべし福島さんち

レース結果は掲示板よりコピーしました
1位 林・前原(北大)
2位 のむ・ジョー
3位 福島親子
4位 正吉・橋ヒゲ
5位 内田夫婦
6位 五嶋・安田
7位 笠原親子
8位 木村親子
9位 レオ・クミちゃん
18位 並木親子

0003092_3.jpg
大会は青空の下でやるのが一番ですね
お疲れ様でした。
スポンサーサイト



■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< いざというとき、それが起きないためにも | Blog TOP | 落合の水はおいしい(南富良野カヌー大会) >>

BlogPet

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

QRコード

QRコード