FC2ブログ
北海道釧路市を拠点に活動する、カヌー・カヤックのパドリングクラブです。北海道カナディアンスラローム選手権大会(通称カナスラ)や釧路川100kmカヌーマラソンを主管しています。

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月17日

■カナスラ準備
おぼーんやっすみー!!!

14日(木)は屈足へ。1年ぶり。
TOMのガイドさんたちはみーんな顔ぶれが代わっちゃったけど、相変わらず高橋さんが暖かく迎えてくれます。

水量は少、岩だらけ。そのかわり、水がきれい。
T村さんが一緒。
080817-01.jpg
よたよたの彼女に、ストリームイン、エディキャッチの練習をみっちりしていただきました。

ストリームインは、慣れない人は、流れに入ってからのことを心配する。
「食われて沈するんじゃないか」「コントロールできずに回されるんじゃないか」…
その結果、エディラインを越えきれずに、一番がぼがぼしたところで回されてよたよた。

これは、大間違い。

一番大事なのは、エディから出る最後のワンストロークをきっちり強く入れること。
流れに入ってからではなく、エディを出るところが大事なのだ。
流れの中に正しく出れば、好きなところまでフェリーできて、好きなところで回れる。
「回される」のではなく、ね。

自分もなかなかできるようにならず、観覧車でさんざん吹っ飛ばされたから、よくわかる。
これがわかるまでに時間かかったし。
もう一回。
エディの中、出る寸前の漕ぎをしっかり。
正しく出れば、流れに入ったあとはどうにでもできる。



15日(金)は、まっちゃんとなほちゃん(全部ひらがなだと読みにくいね)が来たので、ゲートのペンキ塗りをしたあと、まっちゃんペア+田村さんと俺で、ダッキー2艇。
国体コースから山畔まで。
出発寸前に飲んだビールのおかげで、国体コースはへろへろ。息が上がって、全然コントロールできず。翻弄されまくり。
渡月橋下まで来たときには、完全に息が上がってた。

でも、ここまでの間でビールがすっかり抜けた。

ダッキーだと国体コースも噴水の瀬も、沈する気がしない。
これはいいな。来年、うちのアキラと2人で乗りたい。



16日(土)、問題のゲート張り。
労働力は
ラピッヅ:U谷、S庭、まっちゃん、おもと ……4人だよ、4人!
(考えてみれば、これにF島夫婦を入れて、ラピッヅって5~6人しかいないクラブなんだよね)
助っ人:K内、どんころのN野
全部で6人。
これでやるしかないか。

ひと張りずつヒーヒー言いながらやってるところに、
救世主登場!

「来てくれたらいいな」と思っていたんだ!

うちらはまるで、科学特捜隊みたいだな…
無理を承知で頑張りながら、ウルトラマンの登場をあてにする…


その救世主は
080817-03.jpg
親分!

080817-04.jpg
特攻隊長!

三笠CC様々さ!

手分けしてテキパキテキパキとゲート張りをこなす。
ワイヤーまで張替えちゃう。

助っ人…と言うより、もはや三笠CCなしでカナスラは成り立たない。
もう、せめて「共催」にしようよ。

んで、17日(日)の朝までで、8ゲート設置して練習、練習。
080817-02.jpg

あとでコース予定図アップします。




ところで

あれほど落合を怖がっていた俺。
さすがに、今日は漕がねばなるまい。
ガンネルズみたいに、俺よりずっと年上の人たちが遊びでホイホイ下ってくるんだ。
俺が「怖い」なんて言っていられない。

GOGO!

怖かったら大声で「怖ぇ~!」と叫べば良い。

三段。ここは別に怖くない。
よいしょよいしょと漕げばよい。沈しても瀞場あるし。
ダバンダバーンと、無事降下。
しばしゲート練習して、さあ、ここからだ。

数年前に横向きで挟まって、以来トラウマのパチンコ岩。
行けー!
怖い怖い~…

怖い~…?

あれ?



あんまり怖くない。

パチンコのエディキャッチ。

最も苦手だった、そこから穂井田岩に向かっての出。
あれ?簡単。

穂井田岩にはガツンと当たったけど
岩裏のゲートはほとんど無視したけど…
なんも、できるじゃん。

渡月落ち込み直前のエディで回されて、ちょっとだけ嫌な思い。

でも、ぜーんぜん大丈夫でした。
やっぱ今年ある程度しっかり漕いでると、自信つくね。
漕いでない年の落合は、体ガチガチだったもんな。

「もう1本やればよかったなー」と思いながらの落合帰り。
まだゲート攻める余裕はないけどね。


さて、来週はカナスラ。
もうちょっと水が増えてくれるといいな。
スポンサーサイト

■コメント

■ [タムラ]

14日・15日と小元さんのおかげでとっても楽しかったです!ありがとうござうました。ヨロヨロの私がいたせいで屈足では私の保護者のようで、きっと楽しめなかったでしょう・・・。しかも沈脱までおまけつきv-12本当にお世話になりました。落合のダッキーも小元さんまかせで私は楽しかったですv-291 またこれに懲りずにヨロヨロではありますが、びしびし鍛えて下さい!

■また来てね [おもっちゃん]

何度でもOKです。
なかなか上手くならないけどくじけずに練習を続ける人は、昔の自分の姿を見るようで応援します。
タムラさんの今の歳が、たぶん俺がカヤックを始めた歳だと思います。いや、俺はもっと遅かったかも。だからまだまだ、これからです。

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< カナスラ、コース予定図 | Blog TOP | オリンピック応援 >>

BlogPet

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。