北海道釧路市を拠点に活動する、カヌー・カヤックのパドリングクラブです。北海道カナディアンスラローム選手権大会(通称カナスラ)や釧路川100kmカヌーマラソンを主管しています。
2006年10月

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年10月20日

■取り返しがつかないぞ!
東京の石井スポーツで、C用のパドルを購入。
安いやつでいいと思っていたのに、店頭にあったワーナーのグラスパドルは長すぎて辛い。しかたなく、グリップ未装着のダッチを購入。高~い 割りそうで怖い。

下が、間に合わせで買ったウッドパドル。54インチ(137cm)で、ちょっと短すぎ。

061020-01.jpg



さて、これより取り返しのつかない作業に入ります。

まず、パドルの長さを決めます。石井スポーツ店頭にあった58インチ(147cm)のは長すぎた。ネット検索してみると、完成品のパドルで一番短いのは56インチ(142cm)らしい。自分の腕の短さは父親譲りで、これがなかなか大したものです。よって、この142cmに決定!

用意したもの

061020-02.jpg

のこぎりの右にあるのはパイプカッター。ホーマックで1500円くらいで売っています。

まず、142cmの位置にペンで印をつけ、パイプカッターでギコギコ切ってゆきます。いきなりのこぎりで切ると、切り口が絶対曲がってしまう不器用な人間には、この道具がありがたい。

061020-03.jpg


シャフト表面の透明樹脂が切れ、刃がカーボンに食い込んでくるとだんだん切れなくなってきます。
あとはのこぎりでギコギコ。

061020-04.jpg

木材を切るのと同じ感覚で切れます。

作業開始から10分程度で切断完了。


グリップを差込み、ブレードと水平になる位置にマーキング。なんだか適当。

061020-05.jpg



061020-06.jpg


グリップに開けられた穴の奥までシャフトが届いていません。
仕方がないので、カッターでぐりぐりえぐります。

061020-07.jpg


エポキシ2液混合式の接着剤をたっぷり塗って、シャフトを差込みます。

061020-08.jpg


061020-09.jpg


どう見ても、スカスカな隙間があいています・・・
どうしよう。
どうしようもない。
これで本当に固定されるのだろうか。



061020-10.jpg

作業時間40分程度で完成。
今さら取り返しがつきません。使ってみてダメだったら、3万5000円がパーになるだけです。
ぱっと見た感じでは、だいたいいい長さかなと。いや、ひょっとすると短すぎるか・・・?
あした美留和で使ってみます。
スポンサーサイト

2006年10月02日

■難しいぞC1
イタさんから借用したバイパー12を練習する今日この頃。
「美留和納会はCで!」なんて気軽に言ってくれちゃってるけど、難しいぞ!

何が難しいって、まず、クロスの「抜き」ですよ。
そもそも腕の短い私にとって、クロスを入れるという体勢そのものが、めちゃくちゃ窮屈な姿勢になるわけで。うまい人はブレードを水から抜かずにコネコネしてるみたいだけど、ぐっと引いたあとのブレードをどっちにひねってどうすればいいものやら・・・

それにね、Kの漕ぎと比べて、ずいぶん体に無理がかかると思うのは、ヘタだから?
クロスのときの、上になるほうの肩。抜くときは、めいっぱい上げるでしょ。こりゃ、四十肩にもなるわ。
それから下の腕の、ひじの内側。腕をめいっぱい伸ばして、しかも手首にちょいと角度をつけて引いてくる。痛いです、これ。腕ひしぎ十字固めって感じ。

納会まであと2~3回の練習か・・・厳しい~うーん

ああ、パドルも調達しないと。
とりあえずパドルの形をしたものが必要で買ってきた、のんびり漕ぎ用のウッドパドル。「子供用か!?」と思うくらいブレードが小さい。
キャッチ弱すぎ~。
ドローが一瞬で引ききれてしまって、曲がりきれないし汗;

 | Blog TOP | 

BlogPet

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。