FC2ブログ
北海道釧路市を拠点に活動する、カヌー・カヤックのパドリングクラブです。北海道カナディアンスラローム選手権大会(通称カナスラ)や釧路川100kmカヌーマラソンを主管しています。
ダウンリバー

2008年05月18日

■寒い歴舟
5月17日(土)
かねてより計画していた歴舟ダウンリバーのため、キャンプ。
おいらは3歳のあきらと1ヵ月半のたかしを嫁さんに託し、嫁さんのうらめしそうな視線を背に出発。

この企画は、初心者に瀬を体験させることが目的だったのに、初心者さんはチキンもろもろの事情で参加せず。集まったのはベテランばかり。
これでは、屈足にすればよかったかも。

3時頃、尾田のキャンプ場に行ってみると、カンカンが一人で練習してました。
080518-01.jpg

(ISDNすら来ていないというお宅に配慮して、サムネイル画像にしときました。クリックすると大きくなります)

もうひとつの目的は、新カメラとその防水ケースを試すこと。
080518-00.jpg

ダイビング等の本格水中撮影で使う、40m防水のケース。ガンネルズの高木さんもこんなの使ってたね。
カヌーのダウンリバーでは完全にオーバースペック。
ガスケットにシリコングリスを塗り、2箇所のバックルをパチンパチン、これで完全防水? なんだか心配。

080518-06.jpg

あはははは、ホントに水中写真だ。

今までは、ダウンリバー中に写真を撮ろうとしたら、
防水バッグを開け、中からジップロックの袋を取り出し、その袋の中からタオルと、カメラの入ったタッパを取り出し、手をタオルで拭いてからタッパを開けてカメラを取り出す…
しまうときはその逆…

これではとても気軽に写真撮る気になれません!

いやー、濡らす心配のないカメラって、いいなー!

さて
夜になるにつれて人が増え、
U谷さん、S庭夫妻、F島一家…
K内さんの差し入れを含め、大量の食材! 腹いっぱい食べました!
080518-04.jpg


もひとつ、この日のヒット商品は、S庭さんが持ち込んだコレ!
080518-02.jpg

トヨトミの「火鉢型石油ストーブ
暖を取るのに良し、煮炊きに良し、着火用の電池以外に電源がいらないので、キャンプに最高だね!

新カメラの「笑顔感知自動撮影機能」も試してみました。
人の顔に向けてシャッター半押しでピントを合わせておくと、その人が笑顔になった瞬間に勝手に3枚撮影してくれるという機能。
「あれ?いま、シャッター切れてた?ホントに撮れてた?」って感じだったのですが、帰宅して見てみると、ちゃんと実験台のあゆちゃんの笑顔が写っていました。
080518-03.jpg



5月18日(日)
寒い!
天気予報では曇り時々晴れで気温20度のはずだったのに!
海から冷たい空気が入り、どっぷりとガスがかかっている。
風は冷たく、晴れる気配もなし。

カンカンは早朝に帰ったのかな?
そのかわりに中標津のM下夫妻と、ウィルダネスのサダ吉さんが参加。
カヤック4、OC1が2艇、OC2が1艇、OC3(F島家)1艇の、結構な大所帯になりました。
坂下スタートで、キャンプ場を中間ゴールとし、調子が良ければここでF島あきら君がソロKに乗り換えて大樹の街まで下るという計画。車を配置して、スタート。
080518-08.jpg

あゆちゃんもS庭奥さんも、めっちゃ笑顔。

080518-09.jpg

水量は少ないが、上流部は川幅が狭いので水深はそれなりにあり、サクサク下る。
あきら君のソロを応援しに、大樹の街まで下るぞう!

ゴルジュの出口は、水が少ないと曲がりくねった流れになり、なかなか手ごわい。
080518-10.jpg


080518-11.jpg

サダ吉さん、カメラ目線で通過。

080518-12.jpg

S庭夫妻も、おっと危ない!が、笑顔で通過。

080518-13.jpg

F島家のOC3がラップ。


川が開けてくると、浅い。
ただでさえ水が少ないのに、2本3本と分流すると、石にひっかかってまともに漕げないほど浅い。

F島家のOC3が、ザラ瀬で浅沈。
ドライスーツを着ているとは言え、この低気温の中ずぶ濡れになったあきら君とあゆちゃんが涙目になっている。完全に意気消沈で、街まで下る元気なし…


結局、キャンプ場で終了。
080518-14.jpg

上がったのが午後1時で、気温10度…
F島さんいわく、「雨で6度の釧路川100kmのときより寒く感じる」。
2時間のダウンリバーだったけど、ここで上がって正解だね!


寒さと水の少なさにやられたけど、
大勢でキャンプつきのダウンリバーは楽しいね!

2008年01月04日

■初漕ぎ
スカーッと晴れた1月3日、恒例のはずなのに消滅しつつあった行事、「初漕ぎ」をおこなった。

そしてかぜをひいた。

―完―






むぐぐ、ちゃんと書く。

参加者(来た順、敬称略)
小元・斉藤・内谷・菅野・影山・福島一家(4人)・伊美一家(3人)・尾田(漕がず)
以上13人、漕いだ人10人。
なかなかいい感じに集まった。

10時の気温が-4度くらい。快晴。無風。最高のコンディション。
眺湖橋から美留和までダウンリバー。
初漕ぎがバッティングした地元「弟子屈カヌークラブ」さんのOC2数艇を追うようにスタート。

080103-01.jpg

斉藤さんは漕ぐのが5月の札内レース以来というお久しぶりで、
「これが今年の漕ぎ納めだ」などと寝ぼけたことをおっしゃる。

管理人小元は、暮れから元日にかけて妻子がかぜでダウン。自分もかぜひく寸前なのがはっきり自覚できる状態。家では丸々と着こんで、やたらとうがいをして持ちこたえていた。

寒気がする。
体が冷えないように、動き続ける。
冬トレの効果で、有酸素のペースだと息切れもしない。

080103-02.jpg

美留和のちょっと上にある、通称「カメレオンの木」。
ここ数年でボキボキ折れ落ちて、全然カメレオンじゃなくなっちゃった。


人が少ないときには
「誰も来なくなっちゃったね」
「もうラピッヅだめかもね」
なんていうせつない会話を交わしながら下るのだが、
このくらい人数がいると、今年はこんなこと・あんなことやりたいね、などと
ほんわかうれしい話題になる。

のんびりマッタリなペース(のつもり)だが、1時間40分ほどで美留和着。


その後、コタンの尾田山荘へ。
独力建築を続けてきた尾田山荘に、年末に立派なお風呂が完成。
5~6人は入れそうな、かけ流しの温泉だ。

080103-03.jpg


すばらしい。

釧路川100km
春のダウンリバー
札内レース
I-cup
初心者さんの屈足・落合デビュー
カナスラ
メモコン

今年もお腹いっぱい遊ぼう!

(写真提供:伊美くん)

2007年09月24日

■歴舟・屈足・落合
三連休を遊び尽くせ!の巻

22(土)は歴舟。
曇っているけど暖かく、水も歴舟にしては温め。
集まったのは仙庭夫妻・林・小元・安田・福島一家。

福島さんちの陽子ちゃんが、なぜか「海まで!海まで!」とうるさい。何故そうこだわるか?

とりあえず水たっぷり。増水とまではいかないが、かなりいい感じ。
よって、坂下からのスタートで、キャンプ場をゴールにする。

仙庭夫妻がダッキー、林スラ艇、小元フライ、安田アクロバット、福島父ちゃん&あきら&あゆちゃんがエクスプローラー16ftに3人乗り、陽子ちゃんピロS。カヤックポリ艇は往年の名艇ぞろいだ。

実はフライにちゃんと乗るのは初めて。
いいなー、この舟。ポリ艇とは思えないほど漕ぎが軽い。スラ艇に日頃慣れていても、全然違和感がない。

10時ちょい過ぎにスタート。
快適なダウンリバー。
瀬はせいぜい胸サイズの波で、気持ちいいスプラッシュ。緊張感なく下れる。
水はやや濁りがあるが、それでもきれい。ほんとうにいい川だ。

070924-1.jpg


実は今日の目的その1は、瀬のある川をダウンリバーしたことがないという安田さんを沈させまくること。
ほとんど初心者のくせして、美留和のストリームイン&アウトやフェリーで沈しない安田さん。彼女をたっぷり泳がせて、「ほれほれー、たかがダウンリバーと侮ることなかれ、パドリングの道は険しいのだよ。ふぉっふぉっふぉ」とほくそ笑むつもりでいたのだ。

ところが安田さん、なかなか沈しない!

歴舟名物のゴルジュでは、胸サイズのストッパー気味なウエーブが右から左から何枚も、フェンスのように伸びている。
1枚かわして横向きになったところで2枚目をくらって沈、というのが初心者のパターン。ここらへんまでで沈しまくり、ヘトヘトになる初心者をすでに10人くらい見てきているのだが・・・

安田さん、沈しないよ!


結局、相川橋下、分流が合流するところで
石にゴリゴリひっかかりながらスロープ状のザラ瀬を下り、ヨレヨレになったところに横から分流がぶつかってくるところで、ようやく沈してくれた。

ホッ


気持ちよ~くキャンプ場着。12:30。

んじゃ車とりに行くか、っつーところで、陽子ちゃんが舟を上げない。

ええっ!?
まだ下るの?


さすがにこの時間からじゃあ、海まで行ったら暗くなっちゃうでしょう。
ということで大樹の町まで下ることにして、車をさらに下げる。
ここで安田さんはさようなら。
仙庭夫婦も陸上伴走班に。

陽子ちゃんと小元がカヤック、福島お父ちゃんがカナディアン、林ダッキーで、福島子供2人が交互にカナディアンとダッキーに乗るという編成に。


キャンプ場から大樹までは、流れはさらに広くなり、
特に大増水というわけでもないコンディションだから、退屈なだけだろうと思っていた。
時間もかかるだろうなあ、2時間かなあ、3時間かかるかなあと思っていた。

ところがどっこい!
それなりに水のあるときは、下流とはいえあなどれません。
いや、むしろ、ウエーブは上流よりでかい。

胸サイズの三角波連発でボヨンボヨン、ウッヒョー!!
ところにより首サイズのストッパー、こりゃやべえ(笑
ほとんど大渦といっていいくらいの大ボイルがあったりして!
チーム山水&TNCのツアーに追いついて、いきなり大所帯。楽しい楽しい。

結局、予想をはるかに上回るハイペースで大樹着。
キャンプ場から大樹までは1時間半くらい。



屈足に移動して、仙庭夫妻&小元はTOMでキャンプ。


寒い!

日中は暑い日が続いていたので、9月末だということを忘れていたよ!
寒い寒い!息が白い!


翌23日は屈足漕ぎ。
そのあと落合へ。

この日あらわれたのが・・・

070924-2.jpg


あら?赤いCスラ艇?

だれ!?






070924-3.jpg


まなぶさーーーーん!!!!

もうね、屈足に現れた時点で超ハイテンションでしたよ!
「こないだカナスラのときに落合ちょろっと漕いだのが7年ぶりだ!」とか言いながら、もう、はしゃぎまくってるのが見ててわかったよ(笑


さらに、学さんといっしょに来たのが

070924-4.jpg

ほれほれー
国体選手ですよ!
釧路の山岡さん。

釧路の某高校の先生で、日頃は市内の釧路川、ほとんど静水で練習してるって。
ホワイトウォーターは本当に久しぶりだって、屈足でも落合でも、
心の底からほんとうに楽しそうでした!

カヌーポロ経験者ということで、さすがにすごい。
どんなにバランス崩しても、ロールするところまでいかずに、すべてリカバリーで上がってきました。



幾春でもメモコンでも出ればいいのにーって言ったら
「北海道に来て4年になるけど、草レースがあるのを知りませんでした」って!

かなり天然系?


対MCCの、釧路の秘密兵器になるか!!!

なってくれ



まーだまだ、3日間が1ヶ月くらいに感じるほど楽しかったけど
これ打ちながら酔っぱらってきたので
もう寝ます・・・

2005年09月19日

■ダウンリバーから始めよう
現役復帰に向けてリハビリ中です。
ゲートくぐるも何も、今の目標が「まともに漕げるようになる」ですので、
この連休は久しぶりにダウンリバーでもしてみっか~と、
ガンネルズさんの歴舟キャンプに参加しました。

え~、この日記、あとへ行くにしたがって内容がしょぼくれていくので、先にお礼の挨拶をしておきます。
ガンネルズさんはじめ、お世話してくださった皆様、ありがとうございました。
おいしいものたくさん、ごちそうさまでした。

さて
ベランダの縁の下から引っ張り出した、ずいぶんご無沙汰のスキップ。最後にこれに乗ったのは、いつのことだろう。もしかして、去年の5月の支湧別・・・? ちょっと不安。


17日(土):ヌビナイ

現地に着くと、ガンネルズ・ACC・MCC・大学生・ノームなどなど、艇数にして15艇ほどの大所帯。
そのほかにもこの日はパドラー多く、カムイコタンキャンプ場は色とりどりのボートで埋め尽くされていました。

天気曇り。水量は平常どおり(つまり少ない)。
漕ぎに自信のない私は、スタート地点でとりあえずロール。

ロール、上がらねえ!
2トライ目でようやく起き上がったけど、かなり強引。
スラのタイミングじゃ、途中までしか上がらないんだー。やっばいなー、だいじょうぶかなー。

さてさて、一行は、隠れ岩だらけの瀬を、ガツンガツンあたりながら下ってゆきます。水が少ないので瀬のパワーは全然ないけど、「ぶつかり沈」や「ひっかかり沈」がイヤだな。

それにしても、自分の漕力が落ちてることを、改めて実感。そもそもスピードの出る舟じゃないけれど、昔はもっとグイグイ進んだような・・・。
なんてこと考えてると、なんでもないところでバランスを崩し、全然効いてないブレイスで水面を押さえることしかできず、粗沈。
ロール。あ、練習でやったときと同じ・・・。途中までしか上がらず、再沈。
2トライ目をがんばる根性もなく、脱艇。・・・・・・なさけない´д`トホホ

ロールに自信がなくなると、何もできなくなっちまいます。残りの行程を、沈しないようにションボリ下る。
いやいや、せっかく大勢で楽しくダウンリバーだ。くよくよしてちゃダメだ。
空気がおいしいなあ! 気持ちいいなあ! ・・・・雨降りそうだけど
久々のダウンリバーだ、のんびりやらなくちゃ!・・・寒くなってきたけど
水がきれいだなあ!・・・・ふだんよりは濁ってます

カムイコタンキャンプ場まで、2時間半のツーリングでした。



18日(日):歴舟本流

夜から朝にかけて雨が降り、午前9時頃には水の色がみるみる茶色く濁り、あっというまにかなり増水しました。爆流ではないけれど、それなりに多め。本来なら、最もうれしい水量です。・・・ロールさえ上がれば。

歴舟を下るのは2年ぶりかな。いつもどおり坂下取水堰からスタート。20艇近い大所帯です。
岩がらみの瀬は増水でつぶれ、そのかわりエディーや流れの合わせ目は、もりもり湧きかえっています。
うえぇぇ! この舟、エディライン越えてくれない
沈したくないので、いやらしいところはなるべく早く通過したい。しかーし、ショートボートは、そういうところでいちいち止まってくれるのです。・・・そもそも、沈しないように乗る舟じゃないし
でもなー、2~3年前はこの舟で、もっと水の多いときでもガンガン下ってたんだよなー。
行く先々で力の衰えを感じるのでありました。
・・・それより、もうこの舟、乗りたくない。

今日の目標、とにかく漕ぐこと!
と心に決めて、内心かなりビビリながら下っていきます。増水のおかげで、速い速い。
あっというまにゴルジュへ。
両岸から幾層にも張り出しているはずの低い岩は水面下に沈み、そのかわりウエーブが何列も待ち構えています。でも、だいたいウエーブの配列はまだ覚えているので、コース取りには迷わず、一気に突っ切りましょう!
前傾前傾、フォワードフォワード!
あと1発でゴルジュを抜ける!
その、最後の1発が、しっかり巻き返したストッパーでした・・・。一瞬空を見上げたあと、水中へ。当然ロール失敗毎日脱艇汗;

そのあと、しだいになだらかになる瀬には、気持ちよさそうなウエーブが続きます。私は慎重に慎重に、波をはずしたベタベタのチキンルートを・・・

まあね、個人的には、ツアーレポートを書くに値しないような内容だったのですが、とにかく漕がなきゃ上達しないもんね。
と自分に言い聞かせつつ釧路へ帰る途中で
スピード違反で捕まりましたよ。がっくり

<< Preview | Blog TOP | 

BlogPet

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索

QRコード

QRコード